アスファルトコンクリートの老化性状

発行年月 1988年6月 港湾空港技術研究所 報告 027-02-06
執筆者 佐藤勝久,八谷好高,阿部洋一
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  本研究の目的は,空港アスファルト舗装の温度応力クラック等に関連して,表層アスファルトコンクリートの老化にともなう性状変化を調べることである.
 新東京国際空港と下地島空港での実態調査に基づき,実際の空港アスファルト舗装における表層アスファルトコンクリートの老化の進行具合い,およびクラック発生等への老化の影響をある程度明らかにした.
 一方,表層アスファルトコンクリートの骨材,アスファルト,アスファルト量を変えて,老化による性状変化を調べる一連の試験を行った.その試験は,アスファルトコンクリートを70°Cの熱作用あるいは自然暴露により老化させ,アスファルトコンクリートの力学的性質の変化および回収アスファルトの物理的,化学的性質の変化をみるものである.試験結果から,熱作用による老化と自然暴露による老化の差異,アスファルトコンクリートの老化へのアスファルトや骨材の種類の影響等を明らかにした.
全文 vol027-no02-06.pdf(PDF/1.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る