現地観測データを用いた方向スペクトル推定法に関する検討

発行年月 1988年6月 港湾空港技術研究所 報告 027-02-03
執筆者 橋本典明,小舟浩治,亀山豊
所属 水工部 主任研究官
要旨  いわき沖波浪観測システムで観測された波浪観測データをもとに,ベイズ型モデルを用いた方向スペクルト推定法(BDM),最大エントロピー原理法(MEP),拡張最ゆう法(EMLM)等を用いて方向スペクトル解析を実施した.主要な結論は以下のとおりである.
1)BDMでは,一般に,観測波動量の増大とともに,方向スペクトルの推定精度は向上するが,EMLMでは必ずしも推定精度は向上しない.
2)EMLMは3~4成分の観測波動量から方向スペクトルを推定する場合には,比較的安定した推定値が得られるが,5成分以上の観測波動量を用いる場合には,異常な推定値が推定される場合がある.
3)3成分観測データから方向スペクトルを推定する場合にはMEPが,4成分以上の観測データを用いる場合にはBDMが,既往の他の推定法に比べて,推定精度の良い方向スペクトルが推定される.
全文 vol027-no02-03.pdf(PDF/2.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る