鉄筋コンクリート被覆による腐食鋼管杭の補修工の耐力特性

発行年月 1988年3月 港湾空港技術研究所 報告 027-01-04
執筆者 清宮理,千葉照男,横井聰之
所属 構造部 沈埋構造研究室
要旨 海洋環境下に長期間置かれた桟橋での鋼管杭の一部では,腐食が著しく進行して補修工を施す必要性に迫られている.腐食している箇所に鉄筋コンクリートで被覆し,失われた耐力を回復する方法が提案されている.この補修工の技術的な課題の一つとして,曲げモーメントと軸力を受ける際の合成鋼管の力学特性の把握と,設計法の整備とがある.このため鉄筋コンクリートを被覆した鋼管杭の曲げ載荷試験と押抜きせん断試験を行った.載荷試験により合成鋼管の破壊に至るまでの変形量,ひびわれの発生状況,鉄筋のひずみ量等を調べ,外力に対する補修工の抵抗機構を把握した.また,限界状態設計法により補修工の終局荷重(終局限界状態と関連)とひびわれ幅(使用限界状態と関連)を計算し,試験値との比較検討を行い設計法の適用性を調べたので報告する.
全文 vol027-no01-04.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る