一軸圧縮強度のばらつきとその要因について

発行年月 1988年3月 港湾空港技術研究所 報告 027-01-03
執筆者 土田孝,小林正樹,山川匠,平良聡
所属 土質部 主任研究官
要旨  一軸圧縮強度のばらつきの要因を調べるため同一の地盤で異なる調査者によって行われた土質調査事例を解析した.また,ばらつきの要因として従来あまり考慮されなかったクラックの影響を調べるため一連の室内試験を行った.これらの結果,次のような結論が得られた.
(1)東京湾と大阪湾のほぼ均一な調査者によって実施された土質調査事例を解析した結果,試料採取時の乱れ方に起因すると考えられるquの差が認められた.
(2)東京湾の事例に関してはquの差と変形係数E50の差との対応がみられ,E50を用いた補正法によってquの差は縮小する.大阪湾の事例についてはquの差とE50の差はあまり対応しない.
(3)乱れによるquの低下とE50が対応しない原因の一つとして資料採取時に生ずるクラックの影響が考えられる.人工的にクラックを与えた粘土資料の一軸圧縮試験結果から,供試体中にクラックがある場合のquの低下はE50にあまり関連しないことがわかった.
(4)粘土試料の乱れは「練り返し型」と「クラック型]にわけることができる.
全文 vol027-no01-03.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る