大水深混成堤の耐波安定性に関する研究(第1報)-台形型直立部に働く波力および滑動安定性-

発行年月 1988年3月 港湾空港技術研究所 報告 027-01-01
執筆者 谷本勝利,木村克俊,宮崎啓司
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  水深60mでの大水深混成防波堤を対象として,直立部に働く波力および滑動安定性に関する実験(模型縮尺1/40)を行い,その結果を理論計算と対比しつつ考察した.直立部は下部が台形,上部に二重横スリットの消波部を有した変形ケーソンで,底面水深は現地で-27mである.実験ではこのほかケーソンの前後を逆にして波の入射側に消波部のない構造も対象とした.
 大水深重複波条件の最大の特徴は波の谷のときの負の波力が大きいことである.本報告ではこれを規則波,不規則波実験での測定波圧や有限振幅重複波理論に基づく計算結果で示すとともに,滑動実験によって実際にケーソンが前後に揺られることを示した.さらに,剛マウンドを仮定した滑動モデルによる計算を行って,滑動量の定量的評価においては波力の時間波形,越波による波力等が重要であることを示した.
全文 vol027-no01-01.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る