波と多層底泥の相互干渉に関する研究

発行年月 1987年12月 港湾空港技術研究所 報告 026-05-04
執筆者 鶴谷広一,中野晋,鷹濱潤
所属 海洋水理部 水理研究室
要旨 波と底泥の相互干渉について粘性流体に対する多層モデルを用いて理論的検討を行い,実験結果と比較してその妥当性を検討した.このモデルでは底泥の流動特性を考慮した相当粘度の概念を導入し,波動場に応じた平均的な粘度分布の推定が可能となった.計算結果と実験結果を比較した結果,計算結果は底泥層が薄い10cmのケースではよく一致したが,底泥厚が20cmに厚くなると深部の底泥が動かなくなるために底泥厚の評価がむずかしくなりあまり一致しなくなることがわかった.また,底泥の質量輸送速度を水平方向と鉛直方向の両方向に計算できるようになり,航路堀削部への質量輸送による埋没量が評価できるようになった.
全文 vol026-no05-04.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る