サーペント型造波機で起した斜め波と多方向不規則波の特性

発行年月 1987年12月 港湾空港技術研究所 報告 026-05-03
執筆者 高山知司,平石哲也
所属 海洋水理部 波浪研究室
要旨  本論文では,サーペント型造波機で起した斜め波と多方向不規則波の特性を検討している.一枚の造波機で起された波を線型的に重ね合わせることによってサーペント型造波機で起した斜め波の理論式を求め,実験値と比較することによって,その理論式の妥当性を検証した.
 クロススペクトルを斜め波の理論式から求め,その形を検討した結果,多方向不規則波の表現法として用いられているシングルサンメーション法とダブルサンメーション法の間には基本的に差はなく,周波数を細く分割すれば両者は一致することを示した.方向関数についてはベイズモデルを用いて検討した.
 方向関数について実験値と計算値を比較した結果ではSmax=25の場合,両者はよく一致したが,Smaxの他の値では両者の一致はよくなかった.これは,造波信号の発生に用いた周波数の成分波が少ないことに起因すると思われる.
全文 vol026-no05-03.pdf(PDF/2.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る