ベイズ型モデルを用いた方向スペクトル推定法および現地観測データへの適用

発行年月 1987年12月 港湾空港技術研究所 報告 026-05-02
執筆者 橋本典明,小舟浩治,亀山豊
所属 水工部 主任研究官
要旨  少ない観測波動量から精度の良い方向スペクトルを推定することのみならず,観測誤差,推定誤差に対しても強く,安定した方向スペクトルを推定可能な方法としてベイズ型モデルを用いた方向スペクトルの推定理論を検討した.
 本報告では,ベイズ型モデルを用いた方向スペクトル推定法について,その理論的背景,理論式の定式化,および,数値シミュレーションにより,その適用性を検討した結果等を報告している.
 また,この手法を用いて,水深150m地点の石油掘削プラットフォーム上で観測した7成分同時観測記録を解析した結果を紹介している.
 主要な結論は次のとおりである.
 1)本方法は,任意の波動流に適用可能である.しかしながら,二方向波浪のような複雑な方向スペクトルに対しては,4成分以上の波動量が必要である.
 2)本方向による方向スペクトルの推定精度は,既往の推定法に比べて極めて良い.
 3)本方向はクロススペクトルの推定誤差の影響を受けにくく,安定した方向スペクトルを推定可能である.
全文 vol026-no05-02.pdf(PDF/3.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る