防波堤の構造と水理特性-日本における防波堤設計の現状-

発行年月 1987年12月 港湾空港技術研究所 報告 026-05-01
執筆者 谷本勝利,高橋重雄,木村克俊
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  日本における防波堤の主要構造様式は捨石マウンドの上に直立部を設けた混成堤であり,その前に消波ブロックを投入した構造も多い.本報告ではこれらの在来形式の反射・伝達波特性および波力安定性について,既に確立された諸公式を含めて概観した.特に,不規則伝達波の伝播に伴う特性の変化については新しい実験データを示している.
 一方,近年における防波堤建設をとりまく諸情勢の変化,特に大水深・大波浪化の趨勢は建設費の急騰をもたらしており,より合理的で経済的な防波堤の開発を要請している.これに呼応してこれまでに行ってきた新防波堤構造の開発の現状を紹介した.取り上げた構造の主要なものは,上部斜面ケーソン,マルチセルラーケーソン,曲面スリットケーソン,波力電力ケーソン,台形ケーソン,二重円筒ケーソン,等である.
全文 vol026-no05-01.pdf(PDF/3.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る