逆流中での風波の発達特性

発行年月 1987年12月 港湾空港技術研究所 報告 026-04-02
執筆者 鶴谷広一,中野晋,柳嶋慎一,松延嘉國
所属 海洋水理部 水理研究室
要旨  逆流中で発達する風波の発達特性を,風洞水路を使って実験的に検討した.本研究は,これまで十分検討されていなかった逆流の流速が大きく,風上端でも大きな波が発生するような条件下での風波の発達を取り扱ったものである.流速分布はレーザー・ドップラー流速計で測定した.逆流中では風波は顕著な波群を形成し,これが長距離を伝播することがわかったが,この波群の群速度は流速分布から計算される波の群速度にほぼ等しいことがわかった.これより従来から提案されていた等価吹送距離の考え方が妥当であることがわかった.
 風上端で有限の大きさの波が発生するような場合には,これまで提案されていた順流も含めた波高の発達の式よりも,小さい波高にしかならないことがわかり,その実験式が得られた.
全文 vol026-no04-02.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る