ベイズ型モデルを用いた方向スペクトルの推定-入・反射波共存場を対象として-

発行年月 1987年12月 港湾空港技術研究所 報告 026-04-01
執筆者 橋本典明,小舟浩治
所属 水工部 主任研究官
要旨  入・反射波共存場を対象として,ベイズ型モデルを用いた新しい2種類の方向スペクトルの推定法を開発した.1つは反射率を既知とする場合の入・反射波の方向スペクトル推定法(MBM)であり,他の一つは入・反射波の方向スペクトルのみならず,反射率をも同時に推定し得る推定法(EMBM)である.これらの推定法の推定精度や適用性は,それぞれ数値シミュレーションにより検討されている.
1)反射率を既知としてMBMを適用する場合,4個以上の観測波動量が必要である.また,その推定精度は,従来の入・反射波の方向スペクトル推定法に比べて,一般に良い.
2)EMBMは6個以上の観測波動量の組み合わせに適用可能である.EMBMは入・反射波の方向スペクトルのみならず,反射率をも周波数と方向角の関数として,極めて高い精度で推定可能である.
全文 vol026-no04-01.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る