コンクリート舗装構造の非破壊評価法の開発-フォーリングウェイトデフレクトメーターによる-

発行年月 1987年6月 港湾空港技術研究所 報告 026-02-13
執筆者 八谷好高,佐藤勝久,田中孝士
所属 土質部 主任研究官
要旨  任意の高さから重錘を自由落下させることにより舗装に衝撃荷重を加えてそれに対する舗装の応答としてたわみを測定するフォーリングウエイトデフレクトメーター(FWD)を使ったコンクリート舗装構造の非破壊評価法を開発した.
(1)コンクリート版の深さ方向の温度変化によるコンクリート版のそりの影響を小さくするためには,FWDによる測定を版中央部では夜間に,目地部では日中に行うべきである.
(2)コンクリート版中央部でのFWDの測定値から,コンクリートの弾性係数と路盤支持力係数を算出することができる.
(3)目地部でのFWDの測定値を使って,目地の荷重伝達機能と,路盤の永久変形等によって目的地に生ずる版と路盤の間の空隙の有無,その大きさが推定できる.
(4)目的地での推定値でけを使っても,(2),(3)に示した点がおおよそ推定できる.
全文 vol026-no02-13.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る