砂地盤の横方向反力に対する杭幅の影響

発行年月 1987年6月 港湾空港技術研究所 報告 026-02-12
執筆者 高橋邦夫,春日井康夫
所属 土質部 基礎工研究室
要旨  従来の「港研方式杭の横抵抗計算法」では杭幅が20~30cm以上であれば横抵抗定数は一定して計算することになっている.しかしながら,一般的には杭幅の増大につれて反力係数は小さくなると考えるのが普通である.もし一般の考え方が正しいとすると,港研方式で大口径の杭を設計する場合に,実際よりも横抵抗を大きめに見積る恐れが生じてくる.
 本研究は,杭幅の横抵抗定数に対する影響を明らかにするために,実物の杭の一要素として想定される剛なT形鋼に土圧計を幅方向に多数取り付けて,乾燥砂中で水平載荷試験を行ったものである.そして,得られた幅方向の地盤反力分布と装置の変位の関係から,港研方式の横抵抗定数に及ぼす幅の影響について検討した.
全文 vol026-no02-12.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る