砂地盤の支持力に及ぼす複数基礎の干渉効果

発行年月 1987年6月 港湾空港技術研究所 報告 026-02-11
執筆者 寺師昌明,北詰昌樹
所属 土質部 地盤改良研究室
要旨  深層混合処理工法によって地中に形成される壁状改良地盤のように,三次元的な基礎が互いに干渉しあう場合の支持力を,遠心力載荷装置を用いた模型実験で検討した.実験は基礎幅の寸法効果の生じない条件として基礎の換算幅を120cmとし,二つの二次元基礎及び複数の三次元基礎を用いて行った.いずれの場合も基礎間隔の減少につれ,複数の基礎の干渉効果によって支持力が増加する傾向が見られた.しかし,この傾向は基礎の中心間隔/基礎幅が1.5~2付近にピークを持つとする既往の1gでの研究結果と異なり,基礎間隔の減少とともに単調に増加した.これは,大きな遠心力場では極限荷重までに大きな沈下が生じ『ブロッキング現象』が生じなかったためと思われる.
 一連の実験をもとに互いに干渉しあう三次元基礎の支持力の簡便な計算方法を提案した.
全文 vol026-no02-11.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る