海上工事に伴う濁り予測モデルと濁り監視への適用性について

発行年月 1987年6月 港湾空港技術研究所 報告 026-02-08
執筆者 堀江毅
所属 海洋水理部 主任研究官
要旨  海上工事による濁りの拡散分布は,周囲水の流れの影響を強く受けるけれども,適当な時・空間平均をとることにより,定量的な取り扱いが可能となる.
 濁り予測モデルとしては解析解,半解析解,Dump&Jet,三次元数値モデルなどがある.これらのモデルのうち,適用範囲の広さにおいて,三次元数値モデルが最も優れている.
 三次元数値モデルに対して,所定の濁り発生量,沈降速度を与えた計算により,実測の濁り分布を満足のいく程度に再現することができる.
 データのファイリング,予測値と監視値との照合によるパラメータ修正,モデル改良などにより,三次元数値モデルによる予測の迅速性とモデルの再現性を高めることができ,濁り監視システムへの適用が十分可能である.
全文 vol026-no02-08.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る