水質自動観測データの解析と赤潮予測への応用

発行年月 1987年6月 港湾空港技術研究所 報告 026-02-07
執筆者 村上和男
所属 海洋水理部 海水汚染水理研究室
要旨  本資料は多変量解析法を用いた水質データの処理を通して,赤潮時の水質特性について述べたものである.用いたデータは,運輸省第三港湾建設局において,大阪湾西宮防波堤脇で実施された水質自動観測による連続水質データである.
 約1箇月間程度の連続観測を58~60年度の3回にかけて実施された.測定項目は水温,塩分,pH,DO,濁度,COD,クロロフィル-a,硝酸,アンモニア,リン酸,総リン,ケイ酸であり,1時間ごとの連続観測を実施している.
 これらの水質の時系列データを用いて,主成分分析,重回帰分析,クラスター分析,相関分析等の多変量解析法を用いて,赤潮時の水質特性,特に水質項目間の相互特性について検討し,水質の総合特性値を把握した.また,重回帰分析,カルマン・フィルター等を用いて,赤潮の予測手法について検討した.
全文 vol026-no02-07.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る