波と底泥の相互干渉による波高減衰と底泥の流動について

発行年月 1987年6月 港湾空港技術研究所 報告 026-02-06
執筆者 中野晋,鶴谷広一,鷹濱潤
所属 海洋水理部 水理研究室
要旨 波と底泥の相互干渉について粘性流体に対する多層モデルを用いて検討した.このモデルでは底泥の流動特性を考慮した相等粘度の概念を導入し,波動場に応じた平均的な粘度分布の推定ができる.計算結果と実験結果を比較した結果,計算結果は底泥厚が薄い10cmのケースではよく一致したが,底泥厚が20cmに厚くなると深部の底泥が動かなくなるため,あまり一致しなくなることなどが明らかとなった.また波による底泥の移動機構を把握するため,底泥床の一部を掘削部とした場合の掘削部の埋没実験を実施した.この実験では順流+波,波のみ,逆流+波の3ケースで実施したが,底泥の平均移動速度は順流+波,波のみ,逆流+波の順で小さくなった.底泥の移動形態としては底泥床全体が波動運動し,全体が流動するもの,底泥運動にともなって掘削部の斜面が少しずつ前進していくもの,底泥表面に生じた浮泥が斜面に沿って掘削部に流下するものなどが観察された.
全文 vol026-no02-06.pdf(PDF/2.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る