汀線位置の短期変動特性とそのモデル化の試み

発行年月 1987年6月 港湾空港技術研究所 報告 026-02-03
執筆者 加藤一正,柳嶋慎一,村上裕幸,末次広児
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  茨城県鹿島灘に面する波崎海洋研究施設(HORF)で,観測桟橋に沿った海浜断面を毎日1回測定している.本報告では,1986年3月12日~9月11日(184日間)のデータを用い,汀線位置の短期変動特性を調べ,それと沖波エネルギーフラックスの変化とを関連付けた.
 汀線位置は,堆積過程では波のエネルギーフラックスに関係なく0.68m/dayの速度で前進し,侵食過程では,そのときの汀線位置とエネルギーフラックスレベルに依存する急激な後退が生じる.解析結果をもとに,汀線位置の短期変動予測モデルを示した.本モデルは,漸化式となっており,波のエネルギーフラックスを入力することにより毎日の汀線位置が順次計算できる.本モデルで予測した結果は実測汀線位置と良く一致した.
 更に本モデルを1-line-theoryと組み合わせることにより,汀線位置の短期変動を予測することの可能性を検討した.
全文 vol026-no02-03.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る