プレストレストコンクリート柱・はり接合部の波力に対する疲労特性

発行年月 1987年6月 港湾空港技術研究所 報告 026-02-02
執筆者 清宮理,横田弘,横井聰之,阿部宗人,郡山修,南川光一,迎邦博
所属 構造部 沈埋構造研究室
要旨  本研究は、一体接合及び場所打ち接合によるプレストレストコンクリート柱・はり接合部の波力に対する疲労特性を調べるために実施した。この2種類の接合構造を対象に23体の供試体を製作して、疲労試験を気中及び水中で行った。疲労試験では、供試体を逆T字型に反力床に固定し、柱部材の上端に油圧振動機により2~3Hzの振動数で両振り荷重を水平方向に載荷した。また、プレストレストコンクリート柱・はり接合部の波力に対する疲労設計に関して限界状態設計法によって検討を実施した。
 本報告では、疲労試験の試験結果およびこの試験結果と限界状態設計法による計算結果との比較・検討について述べる。
全文 vol026-no02-02.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る