偏心傾斜荷重を受ける高マウンド上の浅基礎の支持力

発行年月 1987年6月 港湾空港技術研究所 報告 026-02-01
執筆者 寺師昌明,北詰昌樹
所属 土質部 地盤改良研究室
要旨  大水深下の捨石混成堤の建設に当たっては,堤体重量と波力の作用下にマウンド内で支持力破壊の生ずる可能性がある.本報告では,このような現象を念頭に偏心傾斜荷重下の高マウンド上の浅基礎の支持力を検討した.
 一連の遠心力載荷実験によって得られた破壊時の荷重(鉛直荷重成分V,水平荷重成分H,モーメントM)はV-H-M空間でV軸を中心とする葉巻状の破壊曲面を構成する.破壊時の基礎の挙動は,低い鉛直荷重レベルでは水平変位が卓越し滑動に近い破壊のモードとなり,高い鉛直荷重レベルでは鉛直変位が卓越する支持力破壊のモードとなる.実験結果を代表的な三種の円形すべり計算法で解析すると,摩擦円法と簡易ビショップ法は適切な内部摩擦角の選定で上述の破壊曲線を説明できる.しかし,フェレニウス法は鉛直成分に対しては過少な,水平成分に関しては過大な(いびつな)破壊曲線を与えるため,この様な条件下の設計には適用できないことがわかった.
全文 vol026-no02-01.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る