コンクリート舗装の新しい目地構造の開発

発行年月 1987年3月 港湾空港技術研究所 報告 026-01-03
執筆者 八谷好高,佐藤勝久,田中孝士
所属 土質部 主任研究官
要旨  コンクリート舗装の目地について,試験舗装に対する載荷試験ならびに有限要素法を使用した数値解析を実施することによって合理的な目地構造を開発した.
 この目地構造はかぎ型目地の発展型で,凸部と凹部の目地部材のかみ合わせにより荷重を伝達するものであるが,1)応力集中の程度が小さくなるように,目地部材の角ばりをなくして,曲線形状とし,2)目地が開いても荷重伝達機能が良好なように,目地部材に水平部分を設けて凸部と凹部の目地部材が接触できるようにし,さらに,3)目地部材が破壊する危険性を小さなものとするために凸部の目地部材のプレキャスト化を図った.
 目地構造の部材寸法として,1)目地部材の厚さはコンクリート版厚の0.2倍,2)目地部材の曲線部分の長さはコンクリート版厚の0.1倍,3)目地部材の水平部分の長さはコンクリート版厚の0.1倍を提案する.
全文 vol026-no01-03.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る