地震応答解析のための土の動的特性に関する実験的研究

発行年月 1987年3月 港湾空港技術研究所 報告 026-01-02
執筆者 善功企,山﨑浩之,梅原靖文
所属 土質部 動土質研究室
要旨  本研究は,地震時の地盤の応答解析を行うにあたって必要な土の剛性率・減衰比に及ぼす諸要因(有効拘束圧,間隙比,せん断ひずみ振幅,二次圧密時間,塑性指数等)の影響を室内および原位置試験により定量的に把握したものである.
 本研究では,まず乱さない試料を用いて詳細な室内試験を実施し,剛性率および減衰比に及ぼす各種要因の影響を定量的に評価している.室内試験用の試料は,主として我が国の港湾地域から採取された試料で,室内実験装置は,当研究室で開発された共振振動三軸試験装置を用いている.
 次に,室内試験に用いた試料を採取した原地盤において,PS検層法,孔間速度測定法等の手法の異なる弾性波探査を実施し,各方法間の結果の相違や室内試験結果との比較などから原位置弾性波探査の精度,適用性について考察している.
 最後に,以上の実験結果に基づいて,原地盤における剛性率および減衰比の簡易推定法の提案を行っている.
全文 vol026-no01-02.pdf(PDF/3.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る