波力発電ケーソンの波の入射角と方向分散性による空気出力の変化-波エネルギーに関する研究(第5報)

発行年月 1987年3月 港湾空港技術研究所 報告 026-01-01
執筆者 高橋重雄,明瀬一行,吉本靖俊,田中智
所属 水工部 波エネルギー研究室
要旨  港湾技術研究所では,波力発電ケーソンとよぶ防波堤に付加する型式の波エネルギー変換装置の開発を行っている.これまでの研究によって,波パワーを空気パワーに変換する機構が明らかとなっているが,そうした検討は断面的なものであり,平面的な検討は行っていない.
 波力発電ケーソンの空気出力は,波向きや波の方向分散性によって変化し,また空気室の法線方向の区画長さによって変化する.こうした点を理論的・実験的に検討した.実験は多方向不規則波も用いている.得られたおもな結論は以下のとおりである.
1)空気出力効率は,波向きや波の方向分散性によってはあまり変化しない.
2)従来の空気出力理論を波向きや波の方向分散性の効果を含むものに拡張した.
3)空気室の区画長さによって空気出力が変化する.この変化が計算できるようになった.
全文 vol026-no01-01.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る