深層混合処理工法による浮き型改良地盤の地震時挙動

発行年月 1986年12月 港湾空港技術研究所 報告 025-04-01
執筆者 稲富隆昌,風間基樹,大塚幸治
所属 構造部 振動研究室
要旨  本報告では,横浜港大黒埠頭-12m岸壁の第2バースの浮き型改良地盤で実施されている地震観測の結果を報告するものである.浮き型改良地盤は,海底面(-12m)から-49mまでの粘土層を,幅57mの幅でブロック状に改良した地盤である.おもな結果は,以下のとおりである.
(1)原地盤の加速度分布は,2次,3次の振動形分布を示し,原地盤に改良地盤の応答を仰制する制震作用が現れていた.
(2)浮き型改良地盤は,低振動数領域では,原地盤と同一挙動を示すが,振動数領域が高くなると原地盤と異なった挙動を示す.
(3)改良地盤の上下最大加速度は,水平最大加速度とほぼ同じであった.
(4)改良地盤の運動の大部分は,並進運動が卓越しているが,上下成分に関しては,回転運動による影響もあることがわかった.
(5)土の材料非線形性を等価線形化手法で表す有限要素法プログラムは,観測結果をよく再現できる.
全文 vol025-no04-01.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る