根入れのある剛体構造物の地震時安定性に関する解析的研究

発行年月 1986年9月 港湾空港技術研究所 報告 025-03-02
執筆者 風間基樹,稲富隆昌
所属 構造部 振動研究室
要旨  剛体構造物は,周辺地盤の地震時を拘束する作用があることが知られている.本報告では,地盤ばねを介入して自由地盤の地震応答変位を剛体に作用させるモデルを用いて,深さ方向に位相差のある地震時が構造物の応答に及ぼす影響,剛体の質量効果,剛体の寸法効果,動土圧分布,慣性力と動土圧合力の位相関係等を検討した.また,FEM(等価線形2次元有限要素法)および地震観測の結果と比較し,解析モデルの適用性を検討した.
 解析の結果,根入れのある剛体構造物の地震時安定性に対しては,低い振動数領域ほど土圧の影響が大きいこと,土圧の評価の際には周辺地盤の地震動の深さ方向の分布を考慮する必要があることが明らかにされた.また,解析モデルから,剛体構造物の地震応答,動土圧の分布形,慣性力と動土圧合力の位相関係等の特性が示された.
全文 vol025-no03-02.pdf(PDF/3.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る