海洋構造物におけるコンクリート柱・はり接合部の耐力・変形性状

発行年月 1986年9月 港湾空港技術研究所 報告 025-03-01
執筆者 清宮理,横田弘,横井聰之
所属 構造部 沈埋構造研究室
要旨  コンクリート製海洋構造物の施工の迅速性,容易性,建設費の低減等の観点から,陸上で製作したプレキャスト部材を現地で接合して構造物を建設する工法の採用が考えられる.プレキャスト部材を用いた構造物には,部材同志の接合部が存在する.海洋環境下で強大な波浪外力を繰り返し受け,かつ鉄筋等の鋼材の腐食の発生・進行を極力押さえなければならない海洋構造物では,接合方法の選定に十分注意を払う必要がある.
 海洋環境下で採用可能な接合方法を構造力学的に調べるため,コンクリート柱・はり接合供試体の静的載荷実験を実施した.本報告では,これらの実験結果について述べ,一体接合構造との比較,検討を通して,接合構造の力学的性状について考察を行った.さらに,限界状態設計法により接合構造の終局耐力およびひびわれ幅を算定し,実験結果との比較を通して,本設計法の適用性を検討した.
全文 vol025-no03-01.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る