円柱に働く衝撃砕波力に関する実験的研究

発行年月 1986年6月 港湾空港技術研究所 報告 025-02-02
執筆者 谷本勝利,高橋重雄,金子忠男,塩田啓介,小藏宏一郎
所属 水工部 防波堤研究室
要旨 円柱と水面の衝突よる衝撃力の理論的考察および模型実験を行い,両者の結果を総合的に解析して,砕波形式や円柱の傾斜角の影響を考慮した円柱に働く衝撃砕波力の一般的算定法を提案した.Wagner理論による衝撃力はKarman理論に比べてピーク値は増大し,作用時間および力積値は減少する結果が得られた.模型実験は波力実験および応答実験の2種類で,それぞれ規則波および不規則波について行った.衝撃砕波力の大きさは砕波形式および円柱の傾斜角によって変化し,また不規則波の衝撃砕波力は有義波周期と同一周期の規則波の場合より増大する.提案モデルでは衝撃砕波力は静水面と波頂間の上半分に二等辺三角形分布で与えられる.分布のピーク値は波Karman理論によるピーク値に補正係数υを乗じて得られる.補正係数υは砕波パラメータi(Hmax/Lo)および円柱の傾斜角θの関係で表示した.ここにi:改訂勾配,Hmax:最高波高,Lo:有義波の沖波波長.
全文 vol025-no02-02.pdf(PDF/3.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る