二山型スペクトル波による混成堤に働く波力と設計周期の算定法

発行年月 1986年6月 港湾空港技術研究所 報告 025-02-01
執筆者 谷本勝利,木村克俊,A.P.d.S.Pinto
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  風波とうねりが重なったような場合に生ずる二山型スペクトル波の統計的性質および二山型スペクトル波に対する混成堤直立部に働く波力特性を実験によって明らかにするとともに,その設計周期の算定法を検討した.
 水路での発生波を検討した結果,二山型スペクトル波の場合は単峰型スペクトル波に比べて周期分布が広がる傾向が認められた.しかし,代表周期Tmax,T1/10およびT1/3の相互の関係には,スペクトル形状による差異はみられなかった.また,波高分布には二山型スペクトル波に対してもレーリー分布が適合することを確認した.
 混成堤直立部に働く波力実験を行った結果,二山型スペクトル波に対してもその場合の有義波周期を用いれば合田敷きによって設計波力を適切に算定できることが明らかとなった.さらに,二山型スペクトル波の有義波周期を重畳前のそれぞれの波群の有義波高と有義波周期から算定する方法を提案した.
全文 vol025-no02-01.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る