電気防食調査に基づく防食電流密度の検討

発行年月 1986年3月 港湾空港技術研究所 報告 025-01-02
執筆者 横井聰之,阿部正美
所属 構造部 材料施工研究室
要旨  流電陽極方式の電気防食を適用している港湾鋼構造物に対して行った電気防食調査の結果から,防食電流密度の検討を行った.主要な結論は次のとおりである.
(1)防食電流密度(定常値)と水質との関係は,アンモニウムイオン濃度と塩素イオン濃度を指標に表すことができる.
(2)鋼材の干満帯部分が被覆されていると防食電流密度が小さいことが確認された.
(3)陽極の寿命が設計値を満足するか否かは,防食電流密度の設計値,水質,鋼材の干満帯部分の露出の有無から推定することができる.
全文 vol025-no01-02.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る