重複波による防波堤前面の海底洗掘及びその対策に関する研究

発行年月 1986年3月 港湾空港技術研究所 報告 025-01-01
執筆者 入江功,栗山善昭,浅倉弘敏
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  防波堤前面の海底洗掘は,マウンド被覆工の散乱,本体根固め工の散乱あるいはマウンド石の散乱など防波堤本体の安定性の低下につながる多くの変状の発生原因となっているため,有効な対策工法を見出す必要がある.
 本報告は,防波堤に対して波が斜めから入射する場合の海底洗掘の特徴を調べ,続いて,有限振幅重複波の性質を利用した洗掘防止法の効果を実験的に検討したものである.斜め入射波による海底洗掘については,防波堤に平行方向の底質移動による洗掘と防波堤に直角方向の底質移動による洗掘に分けて考え,それぞれの寄与の度合いを検討した.
 重複波の性質を利用した洗掘防止法については,模型縮尺1/25と1/50の二次元実験により,捨石マウンドのり先にグラベルを敷きならす工法が有効であることが確認され,さらに他の防止法についても検討した.
全文 vol025-no01-01.pdf(PDF/3.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る