波浪の統計的性質に関する二,三の数値的検討

発行年月 1985年12月 港湾空港技術研究所 報告 024-04-02
執筆者 合田良実
所属 次長 次長
要旨  波高,周期等の統計量に関し,1統計的変動性とスペクトル形状の関係,2ゼロアップクロス法とゼロダウンクロス法との差異,3波高の連長の支配パラメーター等について検討した.数値シミュレーションによる擬似不規則波形データに加え,現地観測および室内実験データを補足して使用した.
 波浪統計量の変異係数は波形記録中の波数の-1/2乗に比例することが確認され,その比例係数がスペクトル形状ごとに求められた.また,数値シミュレーションにおける注意事項も明らかにされた.
 ゼロクロス法の定義の差は統計的には有意ではなく,その統計的変動範囲が求められた.ただし,新しく定義された波形の前傾度パラメーターが大きいときは有意な差が現れる.さらに,波高の連の平均長が周波数スペクトルから計算される新しいパラメーターと密接な関係にあることも明示された.
全文 vol024-no04-02.pdf(PDF/2.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る