コンクリート中の鉄筋の腐食に及ぼす塩素の影響に関する研究

発行年月 1985年9月 港湾空港技術研究所 報告 024-03-06
執筆者 大即信明
所属 構造部 主任研究官
要旨  近年,一部の沿岸コンクリート構造物の劣化が著しく,その原因の一つとして,コンクリート中に含まれる塩素が挙げられる.
 本研究では,塩素として,練り混ぜ水に含まれるものとコンクリート硬化後に環境条件より侵入してくるものの2つを考え,この両者の影響を比較した.また,水セメント比,セメントの種類,ひびわれ等の影響も検討した.
 この結果,以下の事項が明らかとなった.
(1)コンクリート中の鉄筋の腐食傾向に及ぼす種々の要因で,環境条件中の塩素,ひびわれ,セメント種の及ぼす影響のほうが,練り混ぜ水中の塩素,水セメント比の影響よりも大きい.
(2)練り混ぜ水中の塩素の悪影響は材令とともに相対的に減少する.特に,海水中かつひびわれがある場合には,材令1年でその影響は認められない.
全文 vol024-no03-06.pdf(PDF/4.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る