底質CODの測定における前処理と加熱処理

発行年月 1985年9月 港湾空港技術研究所 報告 024-03-05
執筆者 堀江毅,関根好幸
所属 海洋水理部 主任研究官
要旨 底質CODの測定に際し,供試底泥の前処理や分析操作段階の加熱処理などにおける測得値に影響する要因を実験的に検討した.まず,底質CODをより正確に測定するためには現行の加熱時間15分では不十分であり,これを30分以上にまで延長することが望ましいことを示した.また,加熱前の常温放置時間についてはそれほど厳密に統一することを要しないのに対し,加熱後では加熱時間の設定が不十分であると測得値に影響することが明らかになった.一方,試料底泥の含水比は乾泥重量や取扱いやすさを考えて適当な値となるよう調整する必要があることを示した.試料底泥の脱水方法については空気との接触による酸化の機会の少ないことからも遠心分離による方法が好ましいことを指摘した.また,乾泥重量の差異に対しては,乾泥重量とチオ硫酸ナトリウム溶液滴定量の関係から導かれる一次式より仕意乾泥重量(たとえば1g)についての安定したCODの補正値が得られた.
全文 vol024-no03-05.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る