遠心力載荷装置の開発とその適用

発行年月 1985年9月 港湾空港技術研究所 報告 024-03-03
執筆者 寺師昌明
所属 土質部 地盤改良研究室
要旨  土の模型実験では,地盤の挙動を考える際に無視しえない自重の効果を再現できないため,その成果が極めて制限された価値しか持ちえなかった.近年,注目を集めている遠心載荷実験手法は模型を大加速度の場に置くことで,この制約のほとんどを解消するものである.
 港研では港湾の分野の技術開発を促進するために,昭和50年から7年の期間をかけて,搭載質量2.7t,常用最大加速度115gの世界最大級の遠心載荷装置を設計・製作した以来,3年間本格的に広範なテーマについて実験研究を実施してきた.
 本報告では,遠心場の実験の相似則,港研の装置ならびに周辺機器(電気的・光学的計測機器)の紹介と,現在までの研究の成果を概要で示す形で,確立されたきた実験手法を紹介する.
全文 vol024-no03-03.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る