逆風による波の減衰に関する実験的研究

発行年月 1985年9月 港湾空港技術研究所 報告 024-03-02
執筆者 鶴谷広一,柳嶋慎一,松延嘉國
所属 海洋水理部 水理研究室
要旨  逆風による波の減衰を調べるために,大型の風洞水路(幅1.5m,高さ1.3m,全長58.5m)を用いて実験的検討を行った.実験には主として規則波(周期T=1.111sと0.833sの2種類)が用いられたが,比較のために不規則波(T=1.0s,H=4.0cm)の減衰も調べられた.風速は主として5.2,6.6,7.9/sの3種類である.
 風と波のエネルギー交換を表すcoupling coefficient μを求めるために,wave follower を用いて波面から一定の高さにおける風の静圧と水平・鉛直方向の乱れ成分を同時に求めた.このμを波の減衰係数に換算して,実測された波の減衰係数と比較し,実測値により合うようにμの補正係数を求めた.こうして求められたμから,いろいろな風速と波(周波,波形勾配)の条件における逆風中での波の減衰特性図を作成した.
全文 vol024-no03-02.pdf(PDF/1.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る