飽和砂地盤上の盛土の破壊振動実験と円形すべり安定解析

発行年月 1985年6月 港湾空港技術研究所 報告 024-02-08
執筆者 上部達生,北澤壮介,桧垣典弘
所属 構造部 地震防災研究室
要旨 飽和砂地盤上の盛土の地震時の破壊挙動を把握し,盛土の地震時安定を検討するために,振動箱(長さ8m,幅4m,高さ2m)内に大型模型を作成し,振動実験を行った.振動台加速度を増加させていくと,ある加速度で盛土の残留沈下量,水平移動量が急増し,盛土の破壊が確認された.この時の地盤内の過剰間隙水圧比は0.5以上の値を示していた.また,盛土内にあらかじめ敷設した水平白色砂層の振動中に生じた段差より盛土内のすべり破壊面が推定された.円形すべり面法による安定解析によれば,震度と過剰間隙水圧を考慮した円形すべり計算で,実験の盛土の破壊が説明できることが確認された.したがって,飽和砂地盤上の斜面の地震時の安定は,円形すべり面法による安定計算において震度と過剰間隙水圧を考慮するこにより検討できると考えられる.
全文 vol024-no02-08.pdf(PDF/3.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る