曲面部材の非線形挙動の解析

発行年月 1985年3月 港湾空港技術研究所 報告 024-01-03
執筆者 清宮理,横田弘
所属 構造部 沈埋構造研究室
要旨  コンクリート製曲面構造は,陸上構造物では既に幅広く利用されている.海洋構造物でも近年,消波構造などに曲面構造が導入されてきている.これらの海洋構造物での曲面構造は,従来の陸上での構造と異なった自然環境下に置かれる.特に,部材の外側及び内側の両方向から繰り返し強大な波力が作用する.このような外力下での曲面部材の力学的性質に関しては,十分明らかになっていない.構造物の安全性を検討するためには,耐力のみならず,変形能力,エネルギー吸収能力,破壊のメカニズム等の非線形挙動を明らかにしておく必要がある.また,耐久性の観点から,過度のコンクリートのひびわれの発生を制限しなければならない.
 本報告では,模型載荷実験及び有限要素法による解析を通して,項番加力を受ける曲面部材の非線形拳動の解析を行った.
全文 vol024-no01-03.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る