リン溶出予測の数値モデルについて

発行年月 1985年3月 港湾空港技術研究所 報告 024-01-02
執筆者 堀江毅,細川恭史
所属 海洋水理部 主任研究官
要旨 海域における有機物の内部生産に関連の深い底泥中のリンの挙動に対する数値モデルを取り扱ったものである.このモデルにおいて,リンの溶出は,新生堆積物および在来底泥中の有機リン分解により生成するリン酸態リンが一部間隙水中に移行し,濃度勾配に基づく拡散により水中にもたらされる現象としてとらえた.西宮沖の底泥に適用して,同海域の溶出周年変化,底泥のI-P,O-Pおよび間隙水PO-Pの分布がほぼ再現できることを確認し,さらに,底泥表層を浚渫した場合の溶出度削減効果および同効果の特続性予測を行った.この結果,浚渫厚さ50cmの場合,浚渫直後では溶出速度は70%削減され,約20年で50%,約50年で20%削減となることが算出された.
全文 vol024-no01-02.pdf(PDF/1.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る