不規則に対する波力発電ケーソンの空気出力-波エネルギーに関する研究 第3報-

発行年月 1985年3月 港湾空港技術研究所 報告 024-01-01
執筆者 高橋重雄,小島朗史,鈴村諭司
所属 水工部 波エネルギー研究室
要旨  波力発電ケーソンの不規則波に対する空気出力特性ならびに水理特性について,理論的・実験的に検討した.
 理論は第1報で報告している規則波に対する理論を発展させたもので,計算法に線形重ね合わせ法と逐次報がある.前者は基礎方程式を周波数空間で解くもので,後者は時間空間で解くものである.いずれの方法もほぼ同様の結果を示し,実験結果とも全体的によく一致する.
 不規則波に対する空気出力効率(波エネルギーの変換効率)は長周期の波に対し,規則波の場合に比べ高くなる.この傾向は実験でも計算でも認められるが,実験においてより顕著である.
 入射する波高の変動性に比べ,空気室内の水位の変動性はやや小さく,圧力はやや大きい.また,空気出力の変動性は圧力の変動性よりも大きい.こうした傾向は実験値でも計算値でも認められるが,計算値のほうが変動性を大きく評価するようである.
全文 vol024-no01-01.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る