大水深施工検査・海底探査技術の開発(第2報)-海底沈埋異常物探査技術の開発研究-

発行年月 1984年12月 港湾空港技術研究所 報告 023-04-03
執筆者 木原純孝,白井一洋
所属 機材部 主任研究官
要旨  本報告は大水工部深施工探査・海底探査技術開発の一環として,超音波を用いた機雷・砲爆弾等海底沈埋異常物探査装置を開発し,この装置を用いて室内実験で開発研究を行ったのでその結果をとりまとめたものである.
 港湾工事においては,安全確保の見地から工事に先立ち,機雷・砲爆弾等海底異常物の有無を確認することになり,海底埋設物探査技術の開発が要請されている.従来よりこれらの探査には音波方式が開発されてきたが,超音波の放射にトーンバースト波を用いたため,抵周波数で分解能が低下し,海底埋設物特に傾斜埋設物を探知することは困難であった.そこで超音波の放射に電磁誘導型送波器によるモノパルス波を,送受波器に凹面配置クロスアレイ方式を用い分解能の向上を図るとともに受波出力を処理しうる三方向断層像表示装置を開発した.
 実験の結果,海底埋設物の三方向断層形状を映像化することができ実用化の可能性を得た.
全文 vol023-no04-03.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る