港湾経済効果の計測手法(第3報)-利用効果の帰属-

発行年月 1984年9月 港湾空港技術研究所 報告 023-03-07
執筆者 稲村肇
所属 設計基準部 計画基準研究室
要旨  本研究は港湾開発によって生じる経済効果を港湾帰属付加価値という形で計測する手法の理論開発,モデル開発及びその実証分析を行ったものである.本研究で得られた主たる結論は以下のとおり.
a)物資の流動に伴い各流通断面で生じる付加価値を分析することにより,便益の発生時期,発生場所,帰属全体が明確になる手法が提案された.
b)付加価値の分配に際しては負の平均生産力に対応する単位費用という概念を導入し,限界生産力理論を中心とする経済理論との関係,産業立地,設備投資を中心とする経済動向との関係の中で,その分配法の妥当性を論証した.
全文 vol023-no03-07.pdf(PDF/1.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る