防波堤直立部に働く不規則波力に関する実験的研究

発行年月 1984年9月 港湾空港技術研究所 報告 023-03-02
執筆者 谷本勝利,高橋重雄,明瀬一行
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  防波堤の直立部に働く不規則波力の特性を波圧測定実験により調べた.
 実験はシリーズⅠ,Ⅱ,Ⅲの三つに大別される.まず,シリーズⅠの実験は低マウンド混成堤直立部に働く不規則波力の統計的性質等を,同一スペクトルを目標として作成した20種の波群を作用させて調べたものである.また,シリーズⅡの実験はマウンド高さによる不規則波力の変化を,シリーズⅢの実験は消波ブロックを被覆したときの直立部に働く不規則波力の変化を調べたものである.
 これらの実験報告から,混成堤に非砕波の波が作用する場合や,砕波が作用する条件でも消波ブロック被覆堤の場合には,合田式を適用することによって,波力の相対度数分布や代表波力の大きさがかなりよく推定できることが明らかとなった.しかし,混成堤に砕波が作用する場合には,特に最大波力の変動性が高く,合田式で求まる波力よりも著しく大きな波力となる.
全文 vol023-no03-02.pdf(PDF/2.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る