三次元の経験的固有関数による深浅図解析法

発行年月 1984年6月 港湾空港技術研究所 報告 023-02-02
執筆者 加藤一正,吉松晃
所属 水工部 高潮津波研究室
要旨  三次元的な地形データである深浅図を,経験的固有関数によって解析する方法を示した.
 三次元の経験的固有関数による解析は,原理的には従来の方法で行えるが,計算機容量,時間が多大になるのでほとんど不可能である.そこで,本報告では,従来と逆の方法により経験的固有関数が計算できることを示した.従来の方法では(nx×nx)の行列計算(nx:測点数)を行うが,新しい方法では(nt×nt)の行列計算(nt:測量回数)でよい.深浅図データの場合,一般にnt《nxであるので,新しい方法のほうが計算機容量,時間ともに圧倒的に少なくてすむ.
 また,実際の深浅図のデータを用いて三次元の経験的固有関数による解析を行い,その有効性を示した.
全文 vol023-no02-02.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る