直立消波ケーソンの上床版に働く揚圧力(第2報)-現地観測波圧データの解析-

発行年月 1984年6月 港湾空港技術研究所 報告 023-02-01
執筆者 高橋重雄,谷本勝利
所属 水工部 主任研究官
要旨  遊水室に上床版のある直立消波ケーソンの場合には,この上床版に空気圧縮による揚圧力が働くことがある.この揚圧力については,すでに実験的に検討しており,その実験結果に基づいて実際に護岸が設計され施工されている.
 本報告は,その実際に建設された直立消波ケーソンに作用する現地波圧データの解析結果を報告するものである.すなわち,6台の波圧計によって測定された現地の波圧データに基づき,実験で得た結論を実証することを目的としており,その目的はほぼ達成された.また,新たに,波の条件とケーソン諸元を入力条件とした空気の圧縮圧力の算定法を提案した.この方法で算定された揚圧力の計算値は,現地波圧観測値と比較的よく一致する.
全文 vol023-no02-01.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る