大水深施工検査・海底探査技術の開発(第1報)-捨石マウンド等施工面検測技術の開発研究-

発行年月 1984年3月 港湾空港技術研究所 報告 023-01-05
執筆者 木原純孝,白井一洋
所属 機材部 主任研究官
要旨  本報告は大水深施工検査・海底探査技術開発の一環として,超音波を用いた捨石マウンド等施工面検測装置開発のための室内及び現地実験について述べたものである.
 技術開発の基本条件として,水深50mにて送受波器の水平,垂直分解能は両方とも25cm以下とし,これに適合した送受波方式を理論的,実験的に検討した.
 そこで200kHz,500kHzの送受波器ユニットで各種送受波器アレイを試作し,10分の1対象物を用いた室内モデル実験や実物大模型実験を行った結果,対象物に超音波ビームの商店を結ばせた凹面配置のクロスアレイ型送受波器を使用し,かつ受波出力の処理で分解能や傾斜物体の検出能力が向上することがわかった.
 また捨石マウンド海域で現地実験を行い,500kHz凹面配置クロスアレス型送受面波器が捨石面検側に適していることがわかった.
全文 vol023-no01-05.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る