二重矢板式構造物の力学的特性に関する研究

発行年月 1984年3月 港湾空港技術研究所 報告 023-01-04
執筆者 大堀晃一,荘司喜博,高橋邦夫,上田寛,原道彦,川井豊,塩田啓介
所属 設計基準部 設計基準研究室
要旨  二重矢板式構造物の力学的特性を明らかにするため,力学的挙動の計算モデルを誘導し,模型実験によりモデルの検証を行い,最後に,設計計算への適用について検討している.力学的挙動計算のモデルは,中詰完了時と水平外力作用時に分けて作られいる.
 水平外力作用時は,地盤面より上部を矢板と中詰砂の複合構造,地中部を横抵抗ぐいとみなして理論解を求め,中詰砂及び地盤の弾塑性を考慮した計算モデルを誘導している.
 計算値と実験値の比較から,計算モデルは模型の挙動をかなりよく説明できることを明らかにし,設計計算へ適用する場合の土質定数の決め方等を検討している.
全文 vol023-no01-04.pdf(PDF/3.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る