有限要素法による地盤の安定解析

発行年月 1984年3月 港湾空港技術研究所 報告 023-01-03
執筆者 小林正樹
所属 土質部 土性研究室
要旨 有限要素法によって安定解析を行う方法を開発した.この方法を用いて,地盤の支持力と斜面安定の問題を解析し,今回開発した方法の精度が高いことが示された.本方法を用いることにより,従来では解析が困難であったような問題も解析可能となることが,矢板のすべり防止効果の問題に関して示された.実際の構造物に対しても本方法が適用され,従来の円弧すべり計算では不可能であった精度の高い安定解析が不均一地盤の場合においても可能となることが明らかとなった.
全文 vol023-no01-03.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る