波力発電ケーソンに働く波力特性に関する実験-波エネルギーに関する研究 第2報-

発行年月 1984年3月 港湾空港技術研究所 報告 023-01-02
執筆者 小島朗史,鈴村諭司
所属 水工部 波エネルギー研究室
要旨  空気タービン方式の波力発電ケーソンを対象に,その波力特性を明らかにし波力安定性および部材波力について検討したものである.稼働時の条件としてノズル比ε=1/100,保護対策としてε=0,1/3の3条件を比較した.
 波力発電ケーソンの部材に働く波力はε=1/100の条件で最も小さく,最大1.0wH程度の等分布波力が働くと考えてよい.一方,ε=0の場合には波高Hとカーテンウォール没水水深dとの比H/dが2以上となる条件で,最大2.0wH程度の空気圧縮力が働く.
 ケーソンの安定性の検討に用いる波力は,ε=0の場合を除いて,合田式を準用する方法を用いて推定できる.
 以上の波力に関する諸特性に加え,ε=1/100の場合の空気室内の水位変動を検討して,機械類および堤体に対する有効な保護対策の確立に見通しを得た.
全文 vol023-no01-02.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る