重複波による防波堤前面での二次元的海底洗掘-底質の移動機構に着目した研究-

発行年月 1984年3月 港湾空港技術研究所 報告 023-01-01
執筆者 入江功,灘岡和夫,近藤隆道,寺崎賢次
所属 水工部 漂砂研究室
要旨 比較的設置水深の大きい混成堤式防波堤前面の洗掘機構を実験的に調べ,現地スケールの二次元的洗掘現象を正しく模型内に再現する方法について検討した.重複波による底質移動機構をまず底面条件の簡単な水平固定床の場合について調べ,さらに底面が人工粗度を有する場合,移動床の場合と系統的に調べた.底質移動機構を調べるにはレーザートップラー式流速計を用いた.その結果,重複波の下での底質移動には波と底質の条件によって底質が節から腹へ向かう方向に移動する場合と,逆に節から腹へ向かって移動する場合があることがわかった.さらにこの違いによって移動床での海底洗掘が,節の位置で洗掘されて腹の位置で堆積されるタイプと,腹と節の中間で洗掘されて節の位置で堆積するタイプに分かれ,現地においては前者のタイプが生していると推定された.しかもこのタイプの洗掘が発生する条件は,進行波の底面流速ubと底質沈降速度ωとの比がub/ω>10であることがわかった.
全文 vol023-no01-01.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る