大型三軸圧縮試験による捨石材のせん断特性に関する考察

発行年月 1983年12月 港湾空港技術研究所 報告 022-04-03
執筆者 荘司喜博
所属 土質部 基礎工研究室
要旨 港湾構造物に特有の,捨石で構築された基礎マウンドの支持力解明に必要な捨石材の力学特性に関する基礎的知見を得ることを目的として,現地調査と室内試験を行った.現地調査では,代表的な産地4箇所の捨石材の粒度と形状を把握した.室内試験は,捨石材の粒度を反映させた,最大粒径が200mm~25.4mmの範囲にある7種類の砕石についての,大型供試体(120cmD×240cmHと30cmD×60cmHの2種)による三軸圧縮試験および締固め試験である.得られたおもな知見は以下のとおり.1捨石材は均等係数が1.3~2.5の非常に粒度の悪い材料である.2捨石材と相似粒度をもつ砕石の試験結果からせん断中の挙動とせん断強さに関する特徴を把握した.3 2の特徴は,粒度の悪さに帰因するせん断強中の粒子破砕に深く関係する.4sinφ0を指標とする実用的な破壊基準および応力とひずみの関係の近似方について考察を加えた.
全文 vol022-no04-03.pdf(PDF/3.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る